ネオ・ダーマローラー‐ネオ・ダーマローラー‐

ネオダーマローラーとは?

ダーマローラーは施術時に皮膚を回復させる薬剤を併用することができます。当院ではダーマローラーにメソリフトやCoQ-10等の美容成分を併用したものを「ネオ・ダーマローラー」と名付けています。当院で採用しているネオ・ダーマローラーは、メソローリング手法の一法で当院オリジナルの組合せです。もともとヨーロッパで誕生し「ダーマローラー療法」として知られているものは約200本のスパイク状のステンレススチール製マイクロニードルローラーを皮膚の上で転がして数万もの極微小の刺傷を作り出します。人間本来が持つ皮膚細胞への創傷治癒のメカニズムによって真皮下のコラーゲンの活性化をうながし、新しい組織が形成されることでシワ色素沈着減少皮膚の状態改善していき、ハリのある新しい肌に再生させるという施術法です。ローリング時に、それらの刺傷に薬剤を塗布することによって自然浸透よりはるかに多くの有効成分を真皮に到達させる事が知られようになってからはアメリカや韓国でも広く用いられるようになりました。当院ではダーマローラーに組織再生プロトコールに沿った56種類の栄養素を配合した薬剤を使用し、組織の再生を促します。ダーマローラー療法は低コストにもかかわらず、レーザー治療やピーリング代替となる治療法として注目されています。ケミカルピーリングやレーザーフェイシャルのように表皮を傷つけたり副作用のリスクを引き起こす事もありません

効果

肌質の改善 コラーゲン造成を促すためハリのある肌になります。
ニキビ跡、傷跡、毛穴など肌の凹凸の改善に特に有効です。
抗老化作用 引締め効果があり、タルミやシワが改善されます。

ダーマローラーは約200本の極微細な医療グレードのステンレススチール製針がついたローラーです。これを肌の上で転がして表皮に微細な傷を作ると、細胞が刺傷に反応してコラーゲン造成誘発します。
施行後3~4週間かけて真皮でゆっくりとコラーゲンの増生が進み、肌のハリ弾力が高められ、シワニキビ痕 色素沈着などが改善します。肌のキメが細かくなり、化粧のりも良くなります。新しいコラーゲンは施術後1ヶ月の 間に皮膚のハリと弾力を高めます。無数の刺傷が互いに作り出された場合、形成された新しいコラーゲン層が融合して新しい組織層を形成し、それによって加齢により衰えた皮膚がある程度まで改善されるのです。

効果の作用期間

施術後3〜4週間かけて真皮でゆっくりとコラーゲンの増生が進み、肌のハリと弾力が高められシワ、ニキビ痕、色素沈着などが改善します。肌のキメが細かくなるので、化粧ののりも良くなります。新しいコラーゲンは、施術後1ヶ月の間に皮膚のハリと弾力を高めます。無数の刺傷が互いに作り出された場合、形成された新しいコラーゲン層が融合して新しい組織層を形成し、それによって加齢により衰えた皮膚がある程度まで改善されるのです。肌改善の目安としては、数週間〜3ヶ月とお考え下さい。

ダウンタイム

メスを用いないので安全で、アレルギー反応や皮膚へのダメージもほとんどありません。施術後に若干の赤みが出ますが、穴は数時間のうちに閉じ、赤みも数日以内に治まります。

ダーマローラー(メソローリングシステム)のメカニズム

効果1 コラーゲン誘発(Natural Collagen Induction)
・従来の皮膚治療やレーザー治療と異なり、表皮を傷つけない。
・マイクロニードルによってつくられた数十万の溝が創傷治癒メカニズムを誘引する。
・皮膚とその基底層におけるコラーゲンの自然生成のプロセスを速める。
効果2 経皮性薬剤の浸透(Transdermal Drug Delivery)
・メソローラーにより作られた溝が薬剤導入を高める。
・副作用も少なく安全でその効果は長期間持続する。

針の種類(長さ)は?

当院ではローラーの中でも優れていると評判の高いClinicares社の1.0mmと1.5mm、2種類の針の長さのダーマローラーを取り扱っています。ローラー部はニードル(針)が抜けないよう構造的に強化されて設計され、金属アレルギー防止のため、全ての針は純金で鍍金されています。

針の長さ
用途
1.00mm
シワ、シミ、ニキビ痕、毛穴、目の下の隈、妊娠線、肉離れ
1.50mm 比較的深いシワ、タルミ、大きいニキビ痕、妊娠線、肉割れ

ネオ・ダーマローラーとレーザー治療の比較

ダーマローラーの特徴

ケミカルピーリングは薬液によって表皮を除去すること、レーザー治療は皮膚組織の色素等に選択的に熱を加えることでダメージを与え、組織の再生力を高めて肌を若返らせる方法です。表皮を壊す(皮膚にⅡ度熱傷を起こす)ので、やけどの治癒と同じように長期にわたる光への過敏症や色素変化、傷跡が残るなどの一定のリスクを避けることができません。ダーマローラーは微細な傷を作ることでコラーゲン組織の形成を促進しますが、ケミカルピーリングやレーザーと違い、皮膚の天然保護バリアである表皮を壊すことがありません。そのため色素沈着等のリスクがほとんどないのが最大の長所です。

表皮を壊さない
ダーマローラー 皮膚に微細な傷を作ることでコラーゲン組織の形成を促進しますが、ピーリングやレーザーと違い、天然バリアである表皮を壊さないことが特徴です。
ケミカルピーリング 薬液により表皮を除去します。
レーザー治療 熱では、皮膚組織の色素等に選択的に熱を加えてダメージを与えることで組織の再生力を高めて肌を若返らせます。

あらゆる肌質の方に治療可能
ニキビ跡などで皮膚に凹凸がある方や、肌の色が濃くレーザー治療に向いていない方も、ダーマローラーなら治療可能です。

何度も繰り返し施術できる
改善や効果が認められれば、半年〜数年毎に1クールすることも可能です。

すぐ実生活に復帰可能
メスを使用しないので、目立つ傷が残ることがありません。針穴は数時間の内に閉じ、赤みも数日で治まります。

ピーリング・レーザーにみられる副作用がない
色素沈着などのリスクが少ないことが、最大の特徴です。

他の施術方法との違い

  ダーマローラー
ネオ・ダーマローラー
レーザー治療(サーマクール)
光治療(フォトフェイシャル等)
ケミカルピーリング
適応疾患・部位 ・ニキビ痕、傷跡、毛穴
・上まぶた
・レーザーピーリングが不適応な方
(色素の濃い方、日焼け愛好者にも施術可能)
・光老化を伴った皮膚のしわ
(静的なもの)
・ニキビ痕
(炎症が完全に鎮静化しているものに限られる)
・しわ、ニキビ痕、光線 角化症
・顔だけでなく、体にも施術可能
効果・利点 ・環境因子に対する天然バリアである表皮の損傷が軽度でダウンタイムが1日程度と短い
・表皮が剥離除去されない為、ピーリングやレーザーに見られる殆んどのリスクや副作用がみられない
・熱により表皮を薄く蒸散させることにより老化のすすんだ皮膚は取り除かれ若々しい皮膚を取り戻す
・レーザーの種類にもよるが痛み、術後の紅斑、色素沈着が少ない
・表皮、真皮を剥離することでシミくすみを改善させる
・ニキビ痕、シワの改善や皮膚のハリを取り戻す
ダウンタイム
1日
2~4週間
10日~14日
施術後はわずかな出血がみられるが 針穴は数時間で塞がり、赤みは数日で治まる 術後の紅斑は2~4週間ほど残る 10日~14日後皮膚が剥け終わった時点で化粧が可能となる
費 用
施 術 頻 度
47,250円~63,000円(1回)
※施術範囲や部位によって料金は異なります。
●サーマクール
157,500円~388,500円(1回)
5,000円~15,750円(1回)
1ヶ月に1回
5~6ヶ月に1~2回
2週間に1回
  ●フォトフェイシャル
25,000円~45,150円(1回)
 
3週間に1回
リスク
合併症・問題点
・穿刺時に痛みがある
当院では局所麻酔クリーム・テープを準備しているため、痛みは軽減される
・熱で皮膚組織にダメージを与えるため熱傷を起こすことがある
・シワ取り効果が出るまで数ヶ月必要
・深い動的なシワは取れない
薬液による表皮除去の為、深く又は繰り返されるピーリングによる過剰な炎症反応により長引く紅斑・色素沈着・色素のむら・色素脱失・ひきつれ等の合併症をおこすことがある
不適応 ・肥厚性瘢痕
・ケロイド
・妊娠授乳中の女性
・著しく皮膚が垂れ下がったシワ
・前額、眉、鼻唇溝の深いシワ
・首/デコルテ
・色素の濃い方
・口唇ヘルペス
・ケロイド体質
・自己免疫疾患患者
・皮膚過敏症
・日焼け愛好者
・妊娠授乳中の女性
・ケロイド体質
・口唇ヘルペス
・自己免疫疾患患者
(原則禁忌はない)

学会発表論文要約

・2006年に、皮膚病理学者のLaaff博士は、ドイツフライブルクの形成外科医M.Schwarz医師の行った研究で採取された20のブランド生検組織において、コラーゲン及びエラスチンの生成に対するDarmarollerTMの作用を評価した。
・生検組織は、CIT(ダーマローラー)を受けた10人の患者の身体各部から、Schwarz医師によって採取された。
最初の対象生検組織は、Dermaroller MF8(1.5mm針)で穿刺した部位に隣接する部位から採取された。
・施術6~8週間後に、別の生検組織が穿刺した皮膚から採取された。新しい膠原繊維及びエラスチン線維の形成は 明白で極めて劇的であった。線維形成の増加は平均206%であることが観察され、1人の患者では、1000%の増加が確認された。
(Schwarz,2006 Collagen induction by microneedling より抜粋、和訳)